人生は服、次第

Rainbow

「着るものが変わったら、寄ってくる人が変わった」
これは、先日、パーソナルスタイリングをさせていただいたお客さまからいただいた言葉。

以前は、寄ってきてほしくない人から声かけられることが多かったけれど、パーソナルスタイリングをしてもらってからは「この人いいなぁ、ステキだな…」って思うような人が、向こうから自然と近づいてきてくれるようになったという実感があり、洋服で人生が変わるってこういうことなんだ、ということが初めて分かった、とおっしゃるのです。


単にBefore – Afterでスタイリングがステキになるということよりも、その人がその装いによってどんな経験ができるかということを私は大切に思っているので、これはとても嬉しいフィードバックです。

このお客さまは、パーソナルカウンセリング以前もとても質も品も良い洋服を選んでいらっしゃいましたし、ご本人が持っている雰囲気も上品で、きちんとした人ということが立ち居振る舞いからも伝わってくる方なので、「寄ってきてほしくない人から声をかけられる」といっても、その近寄ってくる人がそう変な人だったわけではないと思うのです。

それでも、かつての彼女のファッションは、ご自身がつい選んでしまうものと、ご本人の良さをより活かせるものとの間には少しギャップがあって、どこか垢抜けない、こなれていない印象があったのかもしれません。

こなれた印象を作れる(作るというよりも自然と醸しだされる)ということは、その人自身が、自分がどんな人であるかをわかっていて、自分の好きなものや心地いいと思えるものを多くのなかから選びとる力もあって、バランスよくコントロールできている状態のことです。つまり、迷いがないということと言えます。

「迷いがない」ことが装いから伝わるということは、「どこに時間やお金を費やすべきがわかっている人間です」という自己紹介となり、また「私はこういうものが好きで、こういうテイストを持っている人です」というアピールにもなるので、時間泥棒になるような人への牽制になるとともに、自然と似たような人、あるいはその人のテイストに惹かれる人が集まってくるようになるのだと思います。

それから、今回の彼女からのフィードバックで、実は一番のポイントとなっているところは、パーソナルスタイリストの手を借りずに、もう自分一人でそれができるようになっている、というところなのです。

「カウンセリングやショッピング同行を通じてアドバイスしてもらったことを今でも思い出しながらショッピングするようになった。完璧じゃないかもしれないけど、どんな観点で洋服を選んだらいいかが少しずつ分かるようになってきて、自分に似合うものを見つけられるようになったし、洋服を着るのが楽しくなった。」

人生にはいろんなステージがありますし、日常生活にもさまざまなオケージョンがあるので、もしかしたらまた、これまでとは少し違った服装選びが必要になることもあるかもしれません。そんな時は必要に応じてパーソナルスタイリストと一緒に改めて考えればいいでしょう。でも、普段の洋服生活では、パーソナルスタイリストがつかなくとも、ちょっとのヒントから自分自身で楽しみながら、自分にとって最も効果的な装いができることが理想です。

私が目指しているパーソナルスタイリングというのがまさにそれ。
極端な言い方をすれば、少なくとも私にとっては「いい意味でリピーターがつかない」ということが理想なのです。

ところでこの記事のタイトル、「人生は服、次第。」は、このお客さまからの感想を的確に表しているとともに、実は、日本でのパーソナルスタイリングの創始者、政近準子さんの最新刊のタイトルでもあります。

「人生は、服次第。」ではなく、「人生は服」という主張がポイントです!

さて本の帯には

ファッションは「自信」に、自信は「魅力」に、魅力は「成功」につながります。

と書いてあります。

また、帯裏には

「政近さんの本を読むまで、ファッションってちょっと頭の悪いものだと思ってました」(29歳・女性)

という感想も載っています。

どちらにも共感する人がたくさんいるでしょう。
すでにファッションが変わることで世界が変わった人は前者に、ファッションへのなにか苦手意識や先入観がある方は後者に。

人生を変えるきっかけがまだ見つからない方は、パーソナルスタイリストに背中を押してもらうもよし、政近さんの書籍を手にとってもらうもよし。

最初の一歩を踏み出せるかどうかで、すでに他の人との差がつくといってもいいのかもしれませんね。

Jetset Closetのパーソナルスタイリングサービス

人生は服、次第。

新品価格
¥1,404から
(2014/8/10 12:21時点)

「素敵」の法則

新品価格
¥1,512から
(2014/8/10 12:22時点)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Post Navigation