Tag Archives: スカーフ

スカーフと帽子の組み合わせパターン

scarf-hats

先日紹介した、エルメスの大判ショール(スカーフ)のこちらの巻き方を基本に、今日はいろいろな帽子とあわせてみた写真をご紹介していきます。




Continue Reading →

HERMESの大判スカーフ(ショール)の巻き方

HERMES cashmere silk shawl

これまで何度かスカーフの巻き方、結び方をご紹介してきていますが、今回はとっておきのやつ(ほんとはあまりみんなに教えたくない)をご紹介します。

私が持っている、スカーフ・ストールの巻き方系のどの本にも載っていません。
記事タイトル通り、HERMESのスカーフを使うものではありますが以前ご紹介したエルメスの元エキスパートの方が著者であるスカーフの本にすら載っていない巻き方です。

さぁ、早速ご紹介していきましょう。



Continue Reading →

スカーフの結び方:ネックレス風(応用)

scarf-necklace-advanced
先日、スカーフをネックレスとして使う巻き方をご紹介しましたが、今日はその応用をご紹介します。

スカーフ自体がスタイリングのアクセントになりますが、今日ご紹介する方法はスカーフをトップスの襟ぐりの飾りにしてしまうという方法です。



Continue Reading →

スカーフの結び方:ツイストチョーカー

twist-choker
今日も、バイアス折りにしたスカーフを使って、またまた違う巻き方をご紹介します。
イメージ的にはグルグル巻き。



Continue Reading →

スカーフの結び方:ネックレス風

necklace1

さ、そろそろバイアス折りにも慣れてきましたか?

さて、今回はそのバイアス折りを使って、シンプルだけど案外ほかの人がやっていない使い方をご紹介していきたいと思います。

それは、スカーフをネックレスとして使う、というもの。



Continue Reading →

スカーフの結び方:シンプルに垂らす

dot scarf

さて前回はバイアス折りをご紹介しました。
バイアス折りができるようになったら、スカーフを使ってみましょう。

同じシンプルな使い方でも、色や柄で雰囲気が変わるというのもご紹介します。



Continue Reading →

スカーフの結び方:バイアス折り

scarves

こんにちは。旅するパーソナルスタイリスト、チビラーシカです。

首元が寒い季節ですね。
首を覆うだけでもずいぶん暖かく感じられることから、マフラーやストールを使う方も多いと思いますが、今日は、同じように便利に使えるスカーフをご紹介します。



Continue Reading →

スカーフ9バリエーション

scarf
今日は私の好きなスカーフについて。

スカーフもトレンドがあって、よく使われる年もあればそうでないときもあります。

バブル期を知っている人、経験している人だと、いわゆるエルメスのシルクのスカーフをパッと思い浮かべ、「なんだか懐かしい」と感じたり、懐かしいがゆえに「古臭い気がする」と感じる人もいるかもしれませんね。

最近はどちらかといえばストールに押され気味に感じるけれど、やっぱりスカーフはアイテムとしては王道だしエレガントだと思います。実用性も高いですしね。

旅するパーソナルスタイリストの私としては、旅アイテムとしても欠かせません!

とはいえ、使い慣れていない人にとっては、そもそも結び方が分からないとか、巻き方の種類がイメージできないということもあるでしょう。

今日は、「同じスカーフとジャケットでもこんなに見せ方を変えられるよ」というのをご紹介します。
※以前Facebookのフォトアルバムで紹介したらなかなか評判が良かったので誰でも見られるようにブログに掲載しておきます。

Continue Reading →

Johnstonsのメンズスカーフ

昨日UK出張から帰ってきました。

UKでは、CardiffとLondonとBrightonという3つの都市を訪れましたが、どの町も最高気温が6度とか8度とか…といった感じで、秋を通り越してすっかり冬。

成田の到着出口を出たところにある電光掲示板が17度となっているのを見てちょっと驚きましたが、成田に降り立った瞬間、一瞬、モワッと感じたのは気のせいではなかったようです。

さて、丸1週間以上、出張で家をあけている間、ミニチュアダックス2匹たちの面倒を見ていてくれた夫におみやげを買ってきました。

選んだのはJohnstons(ジョンストンズ)のスカーフ。

Johnstons' Mens Scarf

スカーフというと、いわゆるエルメスに代表されるような馬具柄などが施されたシルクの正方形のものをイメージしそうですが、買ってきたのはいわゆるカシミアのストールです。私が知るかぎり、欧米などを旅していてお店で見かける、ストール的なもの(女性ものであっても男性ものであっても)は、Scarfと表示されています。

Johnstonsは1797年にスコットランドのElginで創業したブランドです。最近では日本でも多くのセレクトショップで扱っていたりするので、知っている人も多いでしょう。羊の毛を刈るところから、スパン(紡績)、ウィーヴィング(繊維)、ニッティングまでを一貫生産をしている稀少なブランドです。

Cardiffはウェールズの首都だし、Brightonはロンドンと同じくイギリス・イングランドだし、スコットランドに行ってないじゃないか!という気がしなくもないですが、まぁ、そこはUKってことで。

スコットランドといえばタータンチェック!と、一瞬チェック柄にしようかとも思いましたが、チェック柄はカジュアル度が高くなってしまうし、私の夫は職業柄、カジュアルスタイルだけでなくスーツスタイルのことも多いので、チェック柄はやめることに。

また素材も、ブランケットのように地厚なものではなく、やや薄手のなめらかなものを選びました。「ザ・マフラー」のようなフリンジも付いていません。

ベーシックカラー1色のプレーンでは面白くないし、かといって、差し色に…とカラフルなものを選んだ場合、わりと保守的なスタイルが好きな夫には、ハードルが高いかも…と、考えた末に選んだのがMarl Tweed Cashmere Scarf。

Marlというのは数種類の色糸を撚りあわせた混紡糸。だから、このスカーフも遠目にはグレーに見えますが、近くでよく見ると、青や赤の糸が見え、少し表情が豊かです。

Johnstons' Marl Tweed Cashmere Scarf

昨日は渡すのを忘れてしまったので、今朝夫に渡してみたら気に入ってくれたようで、早速、このストールを持って出かけていきました。

Johnstons's Mens Scarf

もともとは、こんなタグも付いていましたが、すぐ使うようだったので、タグを取ってから夫に渡しました。ストールでもスカーフでも、タグは取ってから使いましょうね!

間違って生地を切ってしまわないようにご注意を!

Johnstonsジョンストンズマフラー/カシミヤ100%マフラー(ネイビーヘリンボーン)

価格:19,950円
(2013/11/26 17:53時点)

Johnstonsジョンストンズマフラー/カシミヤ100%マフラー(ブラウン×ブルーチェック/ブルー)(リバーシブル/ダブルフェイス)

価格:27,300円
(2013/11/26 17:53時点)