「ネタりか」に掲載

数日前から、UKのウェールズの首都、カーディフという町に出張で来ています。

昨日は、日中の気温が10度近くあったものの小雨がぱらつき、冷たくジメジメした一日でした。

写真は、ちょっとの時間を使って行ってみたカーディフ城。

Cardiff Castle

紅葉がきれいでした。

Beautiful autumn leaves in Cardiff Castle

さて、本題はこっち。

Yahoo! のエンタメ系ニュースサイト「ネタりか」に、先日のスマポさまイベントでの講演の様子を取り上げていただきました。

ありがとうございます。

netarika-news

>> 雑誌と同じコーデなのに似合わないのはナゼ? パーソナルスタイリストが提案する「TPPOS」

『「素敵」の法則』

ファッションって言語化が難しい。

ファッション批評ということではなく、普通の人の装いの知恵の部分。

Nathan Shedroffの、データから情報へ、情報から知識へ、知識から知恵へ、の図が思い浮かんでしまう。

nathan-shedroff

この、理解のスペクトラムのなかでも、特に知識から知恵への転換の部分。

例えば、「小柄な人はできるだけ上半身や顔周りにポイントを作って視線をあげることで小柄な体型をカバーできます」というようなことが本や雑誌に書いてあったりする。それを知識としては知っている。でも「一体どうやって?」の部分が、自然とできてしまう人もいればそうでない人もいて、自然とできてしまう人が身につけているそれを、自然とできない人に伝えるのがなかなか難しい。

雑誌などではご丁寧に、ハウツーも載っていたりするけれど、いざ真似してみてもなんだか自分にはイマイチしっくりこなかったりする。結局、雑誌に載っているモデルさん(たとえ小柄だとしても)と自分では顔立ちも、顔色も、同じ背丈だとしても等身バランスも違ったりするわけで。

そういうわけで、単なるハウツーではどうにも自分のモノにしていくのが難しい。

もちろん、ハウツーも知らないよりは知っていた方がいいのだけど、もっと汎用的な何か、体系的な何か、そして体験がないと知恵にはなっていかないように思う。

スタイリストが出している書籍はたくさんあるけれど、なかなかこれを実現する本というのはない。

でも、もしかしたらこの本はそこにかなり近づくかもしれないと思っているのが、この記事のタイトルでもある『「素敵」の法則』という本。

「素敵」の法則 (政近準子・著)

今回、私もパーソナルスタイリストジャパンの卒業生として微力ながら協力させてもらった(というとおこがましすぎるほど、そんなに協力できていないけれど)、私の恩師でもある政近準子氏の新著。ベストセラーになった『「似合う」の法則』の第2弾の位置づけではあるけれど、そしてまだ実物を見ていないものの、かなり進化した本になる予感がする。

感覚ではなく、理論的に、しかもプロじゃなくてごく普通の人がそれなりに自分のことを分析できるような、そういう体系化を目指して。そして「私、おしゃれじゃないから、その言葉わからない」というようなものではなく、誰もが「素敵」に近づけるように、政近さんをはじめ、多くの人が心を砕いて取り組んだ書籍と言えると思う。

パーソナルスタイリストの私が言うな!と思うけれど、パーソナルスタイリングのサービス料は決して安くない。もちろん、それに見合うだけの支援をするわけだし、サービスを受けることで人生まで変わる人もいるのだから、安易に金額だけで安い、高いを決められるわけではないけれど、とはいえ一方では「無い袖は振れない」という状況もあると思う。実際、地理的に東京まで来るのが難しいってこともあるだろうし。

そういう意味でも、パーソナルスタイリストの第一人者がこれまでの経験から、パターンを抽出し、体系化したものを、書籍で共有されることの価値は大きい。

Amazonでは予約が始まっていたので、早速予約購入してみました。

明後日からのUKに出張に行くんだけど、帰国する頃には発売されてるかな。

「似合う」の法則

新品価格
¥1,470から
(2013/11/16 00:38時点)

「素敵」の法則

新品価格
¥1,470から
(2013/11/16 00:39時点)

旅行好きな人のためのFlight 001

Flight001 Harajuku

ちょっと前(といっても1か月以上前か…)に通りを歩いていたら、ちょうどオープン準備中で「へぇ、こんなとこにできるんだー」と思っていたんだけど、ついに、東京にもできたのね、このお店。

明治通り沿い、京セラビル近くにできたトラベルストアFlight 001(フライトワン)

スーツケースやパッキングシステム、アダプタ類、ネームタグ、小分け用ボトル、気の利いたポーチなどなど、カラフルなトラベルアイテムが揃ってます。

ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジにあるお店だと、ジェットラグ対策の(現地到着時用とか帰国時用とか)サプリメントも売ってたりするけど原宿店にはなさそうだったな…。トラベルグッズって見てるだけでテンションあがるからそういう意味では楽しいんだけど、想定外の「おぉ!これは!!」という新しい発見につながるものは残念ながら今のところなかった。

でも、これからの季節ならちょっとしたギフト探しにもぴったりなお店なので、近くに来たら寄ってみても楽しいかも。

ここからは1年半ぐらい前にNYのFlight 001で撮った写真たち〜。

グリニッジ・ヴィレッジのFlight 001

グリニッジ・ヴィレッジのFlight 001

可愛いから写真撮っていい?と聞いたらOKといってもらったので店内も。レジのあたり。

可愛いから写真撮っていい?と聞いたらOKといってもらったので店内も。レジのあたり。

お店全体が飛行機のキャビンのようにちょっと湾曲してる。

お店全体が飛行機のキャビンのようにちょっと湾曲してる。

Flight 001 原宿店
〒150-0001 渋谷区神宮前6-17-11 JPR原宿ビル1階

原宿の他にも、池袋パルコや玉川高島屋にもあるみたい。

スマポのイベントで講演してきました

スマポイベントでの講演

11月7日(木)の夜、表参道のカフェにて開催されたイベントで講演しました。

>> イベントのオフィシャルページ

会場はタウンデザインカフェというところ。

家具が我が家と同じUSMハラーで統一されていたので、それだけでもアウェイ感がなくなりますw

講演といっても、小規模でアットホームな雰囲気だったので、私から少しお話した後はみなさんにワークをやってもらったり、事前に設定した課題(!)を元にディスカッション(と言う名の女子会的お喋り)を楽しんでもらったり…というもの。

このイベントは、来店ポイントアプリ「スマポ」さまが主催する女性向けイベント。
こうした(主にユーザーさま向けの)イベント開催はスマポさまにとっても初めてということで、大役を仰せつかった私はちょっとドキドキして当日を迎えたりもしましたが、スマポの柴田社長にお会いしてみるととっても気さくな方で、すっかりリラックスしてお話することができました。

会場前方右手に写っているのが柴田社長です。

会場前方右手に写っているのが柴田社長です。

運営スタッフのみなさんや、会場となったタウンデザインカフェ、スマポのPRの方など、素敵な女性ばかりだったので準備段階でさえも女子会的でめちゃくちゃ楽しかった!

軽食には女子が大好きなかぼちゃや、いろんなナッツが入った特製フォカッチャ!とーっても美味しかったです。

軽食には女子が大好きなかぼちゃや、いろんなナッツが入った特製フォカッチャ!とーっても美味しかったです。

ところでこのスマポ。スマホ向けの無料アプリですが、提携店舗に来店するだけで(&チェックイン)ポイントが獲得でき、貯めたポイントはお買い物に使えるというもの。お出かけが楽しくなる、そしてなんといってもお得感のあるアプリです。

提携店舗が多いのも特徴で、多くの人が利用するであろう、よく知っているようなファッション系のお店がたくさん加盟しています。

我が家の近所の、表参道界隈だけでもけっこうたくさんの対象店舗があるので、ちょっと散歩しながらちょいちょいお店に立ち寄っていけばそれだけでもポイントがゲットできてしまう。

なおかつ、そうやってお店に入っていくと、ディスプレイなんかも自然と目に付いて、秋冬ファションの参考にもなりますね。

まだ使ったことがない方は、ぜひスマポ、使ってみてください。

>> スマポ

さて、今回の講演タイトルは「洋服は、あなたの良さを引き立てるコミュニケーション」。

どんな風にお洋服選びを考えたらいいのか、自分のワードローブを自分らしく成長させていくにはどうしたらいいのか、そんなことをお話させてもらいました。

そして秋冬ファッションを楽しめるように、手持ちのアイテムを活用できるように例えばこんな例もご紹介しました。

  • 手持ちのアイテムのなかにトレンドを探す
  • もともとの用途とは違う使い方をしてみる
  • 小物だけを変えてみる
  • 1つの小物を複数の使い方をしてみる

当日のプレゼンテーションはSlideshareでも公開していますのでご興味ある方はどうぞー。

ちなみに、「旅するパーソナルスタイリスト」ですので、プレゼン資料内で使っているほぼ全ての写真は、旅先で撮ったものです。

カバーに使っている写真はピンときた方もいらっしゃるでしょう。そう、ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジにある、Sex And The Cityのキャリー・ブラッドショーのアパートです。ドラマのなかでは、サラ・ジェシカ・パーカー扮するキャリーはアッパーイーストサイドに住んでいることになっていますが、実際のロケ地はここ。マグノリアベーカリーやおしゃれなブティックが立ち並ぶBleecker Stと4thの間にあるPerry St.です。

これを撮ったのは2年ほど前で、この時私は留学時代の友達の家に滞在したのですが、なんと彼女の家の向かいのアパートは、サラ・ジェシカ・パーカー本人の家、というエピソードも。友達の家に滞在中、外出していないときはずっと部屋の窓から向かいの家を監視(!)してましたが、残念ながらサラ本人に遭遇することは叶わず…。

久々にSATC見たくなってきたな…。

みなさんも、ショップのショーウィンドウやSATCのキャリーたちの装いなんかからもインスピレーションを得て、秋冬ファッションをぜひ楽しんでみてくださいね♪

Sex and the City エッセンシャルコレクションBOX セカンド・エディション [DVD]

新品価格
¥15,975から
(2013/11/9 16:57時点)

セックス・アンド・ザ・シティ・ザ・ムービー[SEX AND THE CITY THE MOVIE]STANDARD EDITION [DVD]

新品価格
¥3,243から
(2013/11/9 16:58時点)

スマポ主催のイベントでパーソナルスタイリングについてお話します

やっと秋らしくなっておしゃれが楽しい季節になってきましたね。

寒くなってきてやっと、本格的に秋冬モノのショッピングに行こうかな、と思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方向けに、パーソナルスタイリングについてのイベントを開催します。


《開催概要》

「働く女性のための無料パーソナルスタイリング講座」
~洋服は、あなたの良さを引き立てるコミュニケーション~

開催日時:2013年11月7日(木)19:30〜21:30
会場:タウンデザインカフェ(表参道)
主催:来店ポイントアプリ「スマポ」(※)
定員:15名程度(応募多数の場合は抽選)


せっかくの少人数なのでワークなども取り入れながら和やかに進めたいと思っています。

パーソナルスタイリングは、「パーソナル」と言うぐらいですから、スタイリストの押し付けやトレンドだけを追いかけるようなものではありません。そのため限られた時間のなかで参加者全員をそれぞれに合わせてスタイリングする、というわけにはいきませんが、基本的な考え方やお洋服選びのコツ、ショッピングで失敗しないためのコツなどをお話する予定です。

※スマポはお店に足を運ぶだけでスマートホンにポイントが貯めることができるサービス(無料APP)です。貯めたポイントはショッピングに利用することができます。

パーソナルスタイリスト

パーソナルスタイリストは、普通の人のためのファッションスタイリングサービスを提供する職業のこと。

スタイリングって何?っていうと、

【名】スタイリング、あるスタイルを与えること、様式、整髪

と辞書には出てくるけれど、私は決して、スタイルを与えることだとは思っていなくて、装いについて問題解決をすることだと理解している。

対ファッションモデルでは「スタイリング」で良いと思うのだけど、対普通の人の場合は、そもそもさまざまな制約や問題が存在していることが多い。それは体型であったり予算であったりその人自身のキャラクターであったり。

だから、何か様式を与えるのではなく、そもそもの問題発見と適切な課題設定、問題解決の道筋をつけること、そして最終的にファッションでその方策を実装する必要があると思っている。

それって、スタイリングじゃなくてデザイン。

だから、便宜上、「パーソナルスタイリスト」という言葉を使うけれども、私の脳内では

  • 「Fashion Experience Designer/Architect」
  • 「Dress Experience Designer/Architect」

と変換されている。

だから近いうちに、そう名乗るかもしれない。